Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
箱根駅伝と走り初め
0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル
     今年の箱根駅伝は、東洋大学の往路・復路・総合すべてで新記録樹立という驚異的な記録での優勝で終わりました。最後の箱根のキャプテン柏原選手も、自身の記録を大幅に更新した区間新記録を打ちたて、「僕は1時間ちょっと苦しいのを我慢するだけだが、福島の人たちに比べれば大したことない」という名言を残しました。まるでシナリオがあったかのような感動的なレースでした。
     昔、中学時代にテニス部だったにも関わらず、陸上部に長距離ランナーがいなかったため、陸上の大会の1500mや駅伝には引っ張り出されてしこたま練習させられた経験があります。それだけに、駅伝は高校、大学、実業団、男女とわずよく観戦します。特に箱根駅伝は、祖母の叔父である野口源三郎発起人の一人であったこともあり、毎年スタートからゴールまで喰らい付くようにTVを見ています。今年は、読売新聞の編集委員の方から、箱根駅伝の記念タオルまでいただいていました。。。駅伝こそ、人と人の絆の大切さを体現するスポーツであると実感させられた今年の箱根でした。
     そして、これも恒例ですが、井の頭公園まで走り初めをしました。正月の運動不足+1月半ぶりのジョギングということで、息が切れ、足にも来ました。さすがに、いつものカントリー爺さん(写真)はいなかったですが、仲良く散歩する老夫婦が目立ちました。この1年で本当に高齢者が街に増えたなあと実感しています。
     いよいよ5日より仕事が始まります。今年はパリッとした仕事をしたいものです。
     
    posted by: kuro | 久我山便り | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    49歳のBD
    0
      JUGEMテーマ:地域/ローカル
       年の瀬の今日12月30日が私の誕生日であり、49歳になった。毎年、誕生日には久我山周辺で家族で食事をし、明日の31日に埼玉の実家に帰省するのが恒例となっている。
       今年は、吉祥寺駅ビルのアトレB1にある「いしがまやハンバーグ」さんで食事をした。いつも込み合っているので6時前に入店したところ、待たずに席に着くことができた。ここのハンバーグは、表面がカリッとしていて中はやわらかいのがウリである。味もおいしく、人気があるのもうなずける。ただ、個人としては、もっと外が堅くて、中もつまった感じのハンバーグが好きである。米国のダラスのホテルで食べたハンバーグを越えるものに出会ったことがないのが残念である。
       さて、食後はこれも恒例となった、アトレ2Fのタリーズでのんびりとすごした。いつも年末特有の非日常的な雰囲気があり、客が思い思いの楽しみ方をしているのが面白いのだ。今年も、年賀状を書く女性(今頃?)、ゲームに没頭する男二人組(w)、ひたすらPCに何かを打ち込んでいる女性(作家?)、違和感のある年配の父子、などなど。ここは本屋もそばにあって、時間つぶしには最適なのである。日頃せわしなく動き回っている黒田家も、毎年ここで心を落ち着けることができる。そうした貴重な場であるのだ。
       それにしてもいい歳になったものである。
       
      posted by: kuro | 久我山便り | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      祝!杉並区大会優勝 but ・・・
      0
        JUGEMテーマ:家庭
         我が家は昨年暮れより、毎週末、Mぴのサッカーの付き添いでおおわらわである。
        ひょんなきっかけで、友だちから誘われて体験練習させてもらったのが11月。「週1日くらいならいいか。。。」くらいで始めたところが、その後、ボール、ウエア、スパイクなどなど一通りの道具を揃え、実は週末の土日+祝日はほぼ間違いなく練習or試合があることを知り、すっかりサッカー中心の週末の過ごし方に変わってしまった。しかし、この寒空の中、声をからして応援している父兄、さらには、自信のお子さんはすでに卒業してしまってもチーム愛で毎日のように指導くださっているコーチ陣の熱意に動かされ、われわれもとにかく応援に駆けつけている。
         今は、加入してすぐに始まった”きさらぎ杯”という小学3〜5年生からなる試合の真っ盛りである。しかも、新入りのMぴも途中交代でピッチに立たせてもらっている。見ている方は、チームに迷惑がかからないかとひやひやであるが、本人は少しでも多く長く出場したいようだ。
         今日行われた決勝トーナメント2試合にも出させてもらった。まったくいいところはなかったが、運よくチームは優勝し、晴れて都大会進出が決定した。これには、本人とてもご満悦である(貢献度は限りなくゼロに近いが。。。)
         しかし、サッカーの応援は、とにかく寒い。それでも、しばらくは夫婦の試合応援は続きそうである。

        富士見アンジェリーナ⇒http://www.fujimigaoka-angelina.jp/
        posted by: kuro | 久我山便り | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        リスーピア〜4か月ぶりの投稿
        0
           ほぼ週刊といいながら隔月刊となり、とうとう4か月の投稿となってしまった。この間、仕事は金融危機の余波で低調であったものの、(いやだからこそ)別段忙しかったわけでもない。名実ともに多忙を極める友人、知人が毎日ブログを更新しているのに比べ、なんと筆不精な。。。
           新年の目標についても、ダイエットと英語学習はしっかりと日常に根付き、成果も出ているにも関わらず、ブログと出会った方への礼状書きは全く続けることができない。要するに「書くことが嫌い」なのである。
           そういえば、『東大生のノートは美しい』という本が売れていたが、私は小学校の頃からノートというものを取ったことがなかった。ちょっとメモをしておきたいことがあったら、すべて教科書の余白に書き込む(しかも鉛筆ではなくボールペン、従ってぐちゃぐちゃ)主義で、社会人になるまでその調子であった。社会人になっても、ミスコピーの裏紙にぐちゃぐちゃと書いてそれをバインドするというスタイルで20年以上やってきた。
           すなわち、「書かない」ことは筋金入りなのである。中学の頃までは本を読むことが嫌いで、国語が常に苦手であった。それは長女に不幸にも遺伝している(ただし、ノートは無茶苦茶きれいである)。
           という長い前説を経て、理科系頭の長女からのかねてのリクエストに答えて、家族で台場のリスーピアへ行ってきた。ここはパナソニックの新製品PRと社会貢献を兼ねた施設であり、特に子供たちの理数的能力を刺激するアトラクションが充実していた。内容的には、小中学生をメインターゲットに考えているせいか、数学は整数論、理科は物理に偏っていたきらいがあった。それでも、理系離れが加速し、技術立国日本の危機が叫ばれる中、一民間企業がここまでやる(入場料は大人500円、子供無料、中のカフェもパスタ500円と超良心的)ことに拍手を送りたい気分であった。
           そもそも、「大学レジャーランド化」の真っ只中の80年代後半に卒業し、工学部出身なのに半数近くが銀行等非メーカーに就職した私の世代からこの理系離れ、メーカー離れは始まっている。まして私は、軽薄なR社に入社後、強烈なリクルーティングをやりすぎ、翌年の東大工学部の就職先TOPがR社になった時、オーナーの出身であった東大新聞に、「国の税金を使ってRに入れるなんて。。。」という大見出しが乗ったほどであった。メーカー離れを加速させた責任のごくごく一部はあるといってもよい。
           ともあれ、理数好きの国語嫌いの長女のおかげで、GWの思い出を一つつくることができた。
          posted by: kuro | 久我山便り | 23:43 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
          雪景色−心が洗われます
          0
            今年最初のブログが2月となってしまいました。
            外は雪がしんしんと降っています。都会の喧騒もどこへやら、窓の外の景色も白一色で、人の心もきれいに洗われる心地がします。

            今年の1月は、株の大波乱+新年会ラッシュ(忘年会は少なかったのですが)+長女の中学受験であわただしく過ぎました。

            受験の方は、1月のお試し、2月1日の本命、2日の押さえ校と3戦3勝で終わり、昨晩は家族で祝杯(久我山・光悦)を挙げました(昨日の発表でダメだったら今日はこの雪でおおわらわだったと思います)。今はCぴと母親で膨大な塾の教材の整理をしています。気持ちは早くもshift_中学生です。

            こんな雪の休日は、新たな気持ちで自分を見つめるよい機会です。私も書斎の整理をしながら、今年のチャレンジに向けて戦略を練るつもりです(もっとも午後はMぴの雪合戦に付き合わなければならなそうですが。。。)
            posted by: kuro | 久我山便り | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            45歳の誕生日に思う
            0
              今日で45歳となった。たった今、吉祥寺のお好み焼き&もんじゃのばらえ亭から帰ってきたところだ。そういえば、昨年の誕生日も国立あたりのもんじゃに行ったと思う。それくらい、子供の頃からのもんじゃ好きである。

              さて、以前は太く短く生きればよいと、60歳で死ねれば本望などと思っていたが、次女が30で結婚するとして花嫁姿を見るのに70までは生きねばならず、そもそも住宅ローンの満期がなんと75歳であることを思うと、いっそ元気に長生きをしてやろう、埼玉の偉人、本田静六氏に倣おうと思うようになった。今、45にして思うのは、今日を人生の折り返し地点としようということだ。

              思えば、生まれてから中学卒業の15歳までは、秩父>深谷という埼玉の田舎が自分の知る世界であり(まあスキーや旅行には人一倍行っていたが)、高崎線の高架橋の上から線路の先を見つめては、「この先の東京に早くいかなければ」と思っていたのであった。それが、高校で浦和、大学でいよいよ東京に住むようになると、「数学者になる」との崇高な夢から「面白おかしい生活」を日々送りたいという世俗的な考えに流されていったのが30歳までの15年。一念発起して政経塾に入り、政治の世界で8年、その後、ベンチャービジネスに関わって7年で今に至る。この15年は、世界も随分と回ったが、よって立つところは日本であり、政治でも経営でも変なプライドを持って背伸びをしながらベンチャー感覚で走ってきた気がする。

              そう、15年きざみで県北>東京>日本と精神領域がシフトしてきたんだと改めて思う。そう考えると、次の15年は本当の意味での世界、まっさらな1個人としてグローバルな考えと行動で生きていく必要(必然?)があるように思う。そして、まさにBRICS&オイルマネーの時代の幕開けであり西欧&日本の退潮の元年が来年であろう。今までの日本での尺度にしがみついていては生きていけない。ちょうどそういう潮目なのだと思う。

              少し筆が走りすぎたが、今夜のもんじゃはなかなかいけていた。家に帰ると家族からはセーターのプレゼント。こうして人生の第4フェーズがはじまろうとしている。。。。
              posted by: kuro | 久我山便り | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              Mぴの幼稚園父兄参観
              0
                今日は朝から、Mぴの幼稚園の父兄参観に参加した。Mぴはあいかわらず参観のときは恥ずかしがって、大きな声の挨拶ができない。
                それでも、一緒に「どんぐりの迷路」を作ってやるととてもうれしそうだった。
                最近は、Cぴの中学受験にかかりきりで、Mぴにはかわいそうにしてしまっている。幼稚園児なりに姉の受験に協力してくれているんだろうなと思うと、いじらしくなってくる。受験が終わったら、たっぷりかまってあげるからね!

                ところで、幼稚園の「大先生」が90歳を迎えたという。それでも、今度来園するらしい、中東諸国の教育関係者のことを地球儀片手に詳しく説明してくれた。我々にそんな説明は無用なのだが、90にしてあれだけしっかりしていることにおどろきと尊敬を覚える。ちなみに、この幼稚園は、昨年まで石原伸晃氏の息子が通園していたせいか、文科省関係の視察やTVの取材などが結構ある。別にだからどうということはないのだが。。。

                そういえば、父兄参観なのに親子とも欠席している方が何組かいた。どうやら小学校受験らしい。結構、受験する子が多いらしいが、我が家は雑草のように強くたくましく育ってくれることを望む(Cぴはもう十分という感じはするが!)。
                posted by: kuro | 久我山便り | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                西荻窪とラーメンと区長
                0
                  午前中ちひろの勉強をたっぷり見てあげた後、ヨメさんの提案で西荻にラーメンを食べに行くことにした。天気の良い日の我が家の足は決まってチャリンコ。彼女が雑誌で調べたひごもんずという熊本ラーメンの店へ隊列を組んで直行する。西荻までは、チャリで10分足らず。私も仕事で帰りが遅くなると、よく西荻からタクるが、ワンメータで自宅に着く(ちなみに吉祥寺だと千円は出る)。

                  店につくと、なーんだ、先月、タクシー待ちの腹ごしらえに入った店ではないか。ちょっと残念だったが、雑誌で評判と聞いて食べてみると結構おいしく感じるものである。家族も皆、満足だったらしい。

                  帰りは、嫁子供は西友で買い物をするというので、買い物嫌いの私は別行動で週末の仕事場探しのために不動産屋の物色へ。すると、南口に人だかりが出来ていた。そうか、今日から選挙か。ぼうっと話を聞いていると「先輩!」と声をかけられた。あきる野市議をしている畠中君であった。山田区長のマニュフェストを受け取って視線を選挙カーに移すと、山田区長もいらっしゃった。演説後、「おう!」といって固く握手を交わしたが、相変わらず力強い握手であった。

                  自宅に帰り、山田区長のマニュフェストを見ると、松下翁の「無税国家論+ダム式経営」そのままではないか!このシンプルかつ愚直なところが山田先輩のもっとも敬愛するところである。そういえば、昨日まで来日した温首相に2年前にお会いしたとき、帰りの便で話し込んでいた宇佐美先輩も大田区長に挑戦するという。お二人の必勝をぜひとも願いたい。
                  posted by: kuro | 久我山便り | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  遅まきながらブログ始めます!
                  0
                    「今頃かい?」といわれるかも知れませんが、パーソナル・ブログを始めます。始めるからには続けなければならず、その勇気と自信が持てずにサボり続けておりました。そこで、”ほぼ”週刊と逃げ道を作らせていただいて開始いたします。

                    ブログについては、かつて起業時代に起業関連のブログをやったり、現在も非常勤講師の女子大のゼミのブログには時たま参加しておりますが、歳とともにITについていけなくなることを恐れ、パーソナルブログに挑戦する次第です。

                    前置きはこれくらいにして、今日から新年度が始まりまた。いよいよ中学受験を迎える長女の気晴らしも兼ねて吉祥寺へ。昼食は、かねてから子供たちから要望のあったシルバニアファミリー森のキッチンへ。熊谷時代には長女がこだわっていたのですが、小6にはどってことないようで、さりとて次女の年長さんにはまだ早いのか、・・・でした。
                    その後、ボーリングを超久しぶりにやりました。一家の大黒柱の面子は保ったものの、スコアは散々たる結果に。。私としては、吉祥寺なら井の頭公園の桜のほうが良かったなあと思ってしまいました(毎年行っているので家族はみな桜に関心なし)。

                    夜は一人横浜へ行き、知人の知事候補の事務所に顔を出す。盛り上がりは、、、。スタッフの皆さんの頑張りには頭が下がります。

                    明日はわが社も入社式。直後の1時間半で「社会人とは。。。」といううんちくを述べなければなりませんので、深夜こそこそレジュメを作成。新入社員およびそれぞれ一つ進級したわが娘たちに幸あれ!!

                    posted by: kuro | 久我山便り | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |