Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
高安秀樹『経済物理学の発見』(光文社文庫)2012-05
0
    JUGEMテーマ:読書

     よく経済学者の景気や株価の予測は当たらないと言われる。理系出身の私としても、どうしてこんなに現実のデータを無視して理論上の理想化されたモデルで議論を展開するのだろう、よしんば過去のデータを解析するにしても、未来は過去の延長上にあるとした推測があまりに横行しているのはどうしてか、などと不思議に思っていた。
     20代後半、ファンドマネジャをやっていたが、当時はシステムファンドの駆け出しの頃で、ファンド設計を手伝ったことがある。大手の投信会社でのことだが、真面目に過去の株式データをもとに金利、為替、、、、などのパラメータをほうりこんで、いろいろなタイムラグも加味しつつ近似される数式をもとに将来株価予測を行なっていた。そのほとんどが株価暴落の際には役に立たなかったのである。
     この経済物理学(エコノフィジックス)という新たな学際分野は、高々15年程度の歴史しかない。コンピュータ処理能力の飛躍的な発達によって、膨大な金融データを処理できるようになったことから、まさにファンドマネージングのニーズから発展してきたものだ。この徹底した物理学の手法(主にカオスとフラクタル理論)を駆使した「現実を直視」した学問は、従来の経済学では考えられない事実を突きつけてくれる。
     たとえば、’簀禺莪にはカオスが内在しており、需給が釣り合って価格が安定することはない、∋埔豌然覆魯屮薀奪=ショールズ理論(90年代にもてはやされた)が仮定する正規分布よりはるかに大きな変動を持つベキ分布に従う、最もスマートな市場である外為市場でも5%程度の裁定機会が毎日発生している(ボロ儲けできる)、などなど。200年間続いたアダム=スミスの呪縛を解き放つ事実が並び、80年代の大学の経済学しか知らない多くの学者やエコノミストも驚愕せざるを得ない結果が並んでいる。
     最後には、経済物理学の観点から応用した論点として、3つの重要な示唆がなされている。〜蠡垣撚革で痛みを伴わない財政改革、年金改革が可能である、外為市場が自由である下でのインフレ誘導政策は円を暴落させる、D眠澆魎浜する国際横断的な組織と通貨バスケットが必要である、の3点だ。いずれも現在重要な政策課題ばかりであるが、政治家はおろか官庁エコノミストが考慮している風もない。「昭和16年夏の敗戦」の轍を踏まなければよいのだが。。。
     
    posted by: kuro | Tの書斎 | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kuro.org/trackback/1155148
    トラックバック